エポカ ザ ショップ日々 宮岡麻衣子展

エポカザショップ日々 宮岡麻衣子展 5月15日(金)〜20日(水) 12:00〜19:00(最終日17:00) 在廊日 15日(金)16日(土) 春から夏に移り変わる季節の展覧会ということで、涼しげな白磁を中心に、染付、瑠璃釉の器を出品します。 新作としては、動物形の香合、花器、白磁に白土で絵柄を型紙で刷りだした皿や鉢などを作りました。 よろしければぜひお立ち寄りください。 104-006 東京都中央区銀座5-5-13 エポカザショップ銀座 地下一階 TEL:03-3573-3417

ももふく 宮岡麻衣子展

ももふく 宮岡麻衣子展 今回は桜の季節にふさわしい華のある染付・白磁の器を出品いたします。よろしかったら是非お越しください。 3月26日(土)〜4月2日(土) 12:00〜19:00(最終日17:00) 194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 #101 ももふく 042-727-7607

千鳥(水道橋)花月窯・志村睦彦・宮岡麻衣子 二人展

千鳥 花月窯・志村睦彦・宮岡麻衣子 二人展 2016/11/26(土)〜12/3(土) 12:00〜19:00 最終日は18:00まで 秋らしい器を出品いたします。是非ご覧ください。 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-5 原島第二ビル201A 03-6906-8631 http://www.chidori.info/

千鳥 花月窯展

千鳥 花月窯展 11月29日(土)〜12月6日(土) 12:00-19:00(最終日18:00まで) 会期中無休 千鳥 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-5原島第二ビル201A TEL/FAX 03-6906-8631

青玄洞(札幌) 尾形アツシと宮岡麻衣子 うつわ二人展

尾形アツシと宮岡麻衣子 うつわ二人展 青玄洞 2016年9月22日(木)〜27日(火) 11:00〜19:00(日・祝は18:00まで) 札幌での展覧会は今回で二回目です。 9月半ばを過ぎ、秋の空気が漂う季節。 少し落ち着きのある雰囲気の器を使いたくなる季節です。 渋めの絵柄の染付や、瑠璃、白磁など、日々の生活に馴染む器を出品したいと思います。 青玄洞 札幌市中央区南2条西24丁目1−10 tel 011(621)8455

花月窯 志村睦彦・宮岡麻衣子 二人展

水道橋の「千鳥」にて、花月窯二人展をおこないます。 陽刻文様の華のある鉢や皿、日常使いの器など、新作を含め多数出品いたします。 ぜひお越し下さい。 花月窯 志村睦彦・宮岡麻衣子 二人展 11月17日(土)〜11月25日(日) 11:00〜18:00(最終日17:00まで) 〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-5 原島第二ビル201A Tel. 03-6906-8631 http://www.chidori.info/

ももふく 宮岡麻衣子展

町田の「うつわ ももふく」で宮岡麻衣子個展をおこないます。 春らしい白磁と、穏やかな染付の器を新作として出品します。 お散歩がてら、是非お越しください。   宮岡麻衣子展 3月21日(金)〜29日(土) 12時〜19時 会期中無休(最終日17時まで) うつわ ももふく 〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101 TEL 042-727-7607

暮らしのうつわ花田(九段下)花月窯展

東京の九段下の器屋さん「暮らしのうつわ花田」で、二人展をおこないます。 志村は三島や青磁、宮岡は錆釉に梅に鶯をあしらった新作や、瑠璃釉、染付などを出品します。 よろしければぜひお越しください。 花月窯展 2017年2月22日(水)~3月4日(土) 午前10時30分~午後7時 会期中無休 作家在廊日 22日(水)、25日(土) 暮らしのうつわ花田 東京都 千代田区 九段南 2-2-5 九段ビル10F tel/03-3262-0772

おいしいごはん展 田園調布いちょう

田園調布の器店いちょうにて,飯碗と炊飯鍋の展覧会をおこないます。花月窯宮岡と志村もご飯茶碗を出品します。宮岡は麦藁手や網手、志村は粉引や三島の飯碗を出す予定です。ぜひお越し下さい。 おいしいごはん展 2013年1月25日(金)〜2月2日(土) 11:00〜18:00 会期中無休 いちょう 東京都大田区田園調布3-1-1 ガデス田園調布ビル2F Tel. 03-3721-3010 http://www.ichou-jp.com/index.html

オチコチ 花月窯展

2012年2月4日(土)〜11日(土) 太古の時代、土器を装飾し自然の恵みを敬ってきた人々の心は、器使いを楽しむ形で受け継がれています。 そんな「食」を大切にする精神を、器を作ることで後押ししてゆきたいという思いをもって制作しました。志村が三島、黒釉、青磁、宮岡が染付、白磁、瑠璃など様々出品しました。 志村が日本料理の経験を生かし、食事会の日を設け、自作の器を使い、お料理を提供しました。
212ファンいいね
954フォロワーフォロー